英検1級・筆記試験の詳細

筆記試験の詳細についてご紹介します。

筆記試験の特徴をよく把握しておくことで、傾向と対策をたてましょう。

 

筆記大問1

25問が出題されます。

100文字程度の短い英文の一部が空欄になっており、4つの選択肢から正解と覚える語句を選択します。

設問数も多いのですが、初心者からハイレベルな受験者まで点数を落としやすい項目になっています。

 

筆記大問2

6問出題されます。

評論文のような専門性の高い、350文字前後の文章を読み、

文章中の空欄に合う文章や語句を選択します。

文脈の理解が必要になるため、文章前後の意味の構造の変化に着目しましょう。

 

 

 

筆記大問3

10問出題されます。

2と同様に専門性の高い長文が出題され、内容に関する質問に対して適切な回答を選択します。

こちらではまず回答の設問を読み、長文読解に入るようにしましょう。

要点を把握してから読解にはいることで効率よく試験を進めることができます。

 

 

 

筆記大問4

英作文です。

Should the death penalty be banned in Japan?

などような短いテーマが与えられます。

200から240文字の範囲で、自分の考えを記述していく必要があります。

要点は自分の立場と問題点・意見を明確にし、適格に述べることです。

自分の意見を簡潔に述べるように日ごろから整理、実践をしておくことがこの試験でも有益でしょう。

 

 

 

Author: sbsusers

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *