英検1級をめざそう!! 英語検定の種類

英語検定には様々な種類があります。TOEICや、英検と呼ばれる実用英語技能検定は身近によく聞くものですが、その他にも目的に応じた検定を探すことができるのです。

 

ここでは日本国内で受験ができる代表的な英語検定についてご紹介します。

 

優秀なネイティブ教師との、英会話に慣れよう!

 

オンライン英会話はネイティブ!

 

TOEIC

 

英語を母国語としない人を対象とした能力検定試験になります。

リスニングとリーディングによる試験内容が構成されています。

評価は990満点の点数評価です。

 

 

実用英語技能検定(英検)

 

TOEICと並び、日本では知名度の高い資格になります。

5級から始まり1級までのレベルのなかで任意のレベルを選択し受験します。

3級以上の場合は、2次試験があり、話すスピーキングの技能も含めチェックされます。

TOEICがビジネスを対象とした検定なのに対して、英検は幅広い年齢層を想定しています。

 

IELTS(アイエルツ)

日本ではあまり耳なじみがないかもしれませんが、ヨーロッパ圏では学校によっては入学条件に課されていることもあります。

海外留学や研修のために英語力を証明しなくてはならない方、および英国、オーストラリア、カナダなどへの移住申請する方には必要なテストです。

 

 

TOEFL

留学を検討する場合にはこちらの検定を検討することになるでしょう。

英語圏の教育機関(高等)へ入学希望する者に対して、英語力の判定に利用されます。

 

ケンブリッジ英検

イギリスで用いられる検定です。

イギリスの教育機関や、移住の申請に用いられる検定となります。

 

GMAT

こちらは欧米やアメリカにおいてビジネススクールや大学院に入学する際に必要となることが多い検定です。

ビジネススクール入学を目指すネイティブも受験をするテストです。

 

フィリピン国際結婚は、セナ・マリッジ・コム

オンライン英会話には必須?skypeは導入していますか?